西宮七園について

西宮七園(にしのみやななえん)は、兵庫県西宮市にある七つの「園」のつく高級邸宅街の総称。 関西を代表する高級邸宅街として知られている。 甲子園、昭和園、甲風園、甲東園、甲陽園、苦楽園、香櫨園の七つから成る。 いずれも大正から昭和初期にかけて、交通・環境とも恵まれた場所に開発された。開発元はそれぞれ異なるが、なかには阪神電気鉄道や阪急電鉄(現:阪急阪神ホールディングス)が乗客誘致を図るため自ら開発したものもある。 現在では、財界人や文化人の邸宅が多く建ち並ぶ閑静な高級邸宅街の代名詞となっており、阪神間モダニズム文化圏を代表するブランド住宅街を形成している。特に、阪急電鉄沿線北側の界隈(甲風園、甲東園、甲陽園、苦楽園)は山手に位置しており、高い人気を集めている。加えて、苦楽園、甲陽園、甲子園にかかるエリアの一部には最低敷地面積等が規定された市指定建築協定が存在しており、豪邸が軒を連ねるエリアとなっている。 なお、「園名」として「甲」がつく地名が多いが、甲子園を除いてその名称は西宮北西部にある甲山に因むものである。甲子園については、園内に建設した大運動場(現在の阪神甲子園球場)の完成した1924年が、十干十二支の甲子の年であったことに由来する。
(ウィキペディア参照)